2013年05月25日

Crimson/Sentenced

CrimsonCrimson
Sentenced

曲名リスト
1. Bleed In My Arms
2. Home In Despair
3. Fragile
4. No More Beating As One
5. Broken
6. Killing Me Killing You
7. Dead Moon Rising
8. The River
9. One More Day
10. With Bitterness And Joy
11. My Slowing Heart

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「フィンランドの極端な天候が、俺たちのやることなすこと全てに影響を与えているんだろう。
ここでは3つのことしかできない。
1つ目はテレビを観ること。2つ目は自殺すること。そして3つ目はミュージシャンになることだ。
で、俺たちはバンドを組んで自殺することについて歌うことにしたのさ」

-アルバム発表時のサミ・ロパッカ(g)のインタビュー


フィンランド出身のHMバンド、
センテンストの6枚目のアルバム。

前作「フローズン」もメロディが充実した素晴らしいアルバムだったが、
センテンストがもう一つ上のレベルに達したのはこの作品だと思う。
センテンストの出したアルバム中最も暗く、尖っている。

前作と比べボーカルのヴィレ・レイヒアラの成長が目ざましく、
これまではジェイムズ・ヘットフィールドやニック・ホルムズ系の
単なるHMシンガーというイメージだったが、
荒削りながらも聴き手の胸にダイレクトに迫る「痛みの告白者」となった。
@Cなど作曲面での貢献も非常に大きい。

アルバム全体がメランコリックでダークな雰囲気に包まれているが、
同時に煽情力のあるメロディからは力強さを感じるはず。
キャッチーで美しいEはバンドの代表曲であり、
荒涼としたアルバムの中でひときわ輝いている。

彼ら特有の、孤独・絶望・自殺といったネガティブな歌詞は
「現実を見つめなおせ」と解釈することもでき、
説教くさい陳腐なメッセージや自己陶酔ではなく
シニカルに聴き手に叩きつけるのがセンテンストのやり方である。
また、バンド自身はこうした歌詞を書いて吐き出すことが
ネガティブな気持ちを拭い去るセラピーであると語っており、
リスナーにも同じように作用すれば、と感じているらしい。

アルバムの後半に少し失速する印象があり、
アルバム全体の完成度としてはあと一歩というところだが、
(そのせいかバンド自身はあまりこのアルバムを気に入っていない)
フィンランドのナショナルチャートの1位を獲得したこともあり、
フィンランドのメタルシーンにとっては非常に重要なアルバムである。
このアルバムで完成されたスタイルは
一大勢力になるフィニッシュ・メタルの源流となった。

そして次作「コールド・ホワイト・ライト」により
バンドは一気に伝説の存在となる。



ちなみに、
印象的なアートワークはグラフィックデザイナーとしても活躍する
ダーク・トランキュリティーのニクラス・スンディンが手がけていて、
そのダーク・トランキュリティーはこのアルバムからDをカバーしています。
posted by naganopeth at 00:11| Comment(0) | S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

Circle & the Blue Door/Purson

The Circle & The Blue DoorThe Circle & The Blue Door
Purson

曲名リスト
1. Wake Up Sleepy Head
2. The Contract
3. Spiderwood Farm
4. Sailor's Wife's Lament
5. Leaning On A Bear
6. Tempest And The Tide
7. Mavericks And Mystics
8. Well Spoiled Machine
9. Sapphire Ward
10. Rocking Horse
11. Tragic Catastrophe

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


リー・ドリアン主宰のライズ・アバヴ発
イギリス出身のプルソンのデビューアルバム。

いや凄いのが出てきましたよほんとに。

バンドの中心人物、
女性ヴォーカル&ギタリストのロジー・カニングハムは
70年代のアングラなロックに傾倒していて、
録音技術を含め現代的な要素を一切排除した
アナログなロックはまさに70年代そのもの。
事前情報なしで聴いたらたぶん勘違いすると思います。

プルソンの音楽からは伝説のカルトフォークバンド、
メロウ・キャンドルからの影響が強く感じられるけど、
(Cで使われているカモメの鳴き声はオマージュかな?)
イノセントなイメージのメロウ・キャンドルとは対照的に
このプルソンはとてつもなく悪魔的・儀式的な妖気をまとっている。
霧深い森の奥へと誘い込まれるような感覚は
コウマスの1stを思い出した(あそこまでの面妖さはないが)。
かなり太めのベースと怪しさ満点のメロトロンがポイントかな。

PVが作られたDなどはかなりキャッチーで、
このポップセンスも見逃せないところ。
アップテンポな曲でも軸が全くブレることがなく、
本当に20歳半ばの新人か疑ってしまう。
叙情的なメロディがたゆたうラストソングJも堪らん。

デビューアルバムから強烈な個性と完璧な世界観を持っていて、
果たして次のアルバムはネタがあるのか心配になってしまうくらい。
大衆性があるかと聞かれれば答えに迷っちゃうけど、
かといって難解だということはないと思う。
個人的にとてもツボな音楽性なので、
迷走せずこのまま突き進んでいってもらいたいです。

ロジーはまだ23歳だしめちゃくちゃオーラがあるので、
けっこう人気も出るんじゃないでしょうか。


個人的に2013年のベストアルバム候補!
posted by naganopeth at 14:04| Comment(0) | P | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。