2011年12月29日

Sad Wings of Destiny/Judas Priest

運命の翼運命の翼
ジューダス・プリースト

曲名リスト
1. ヴィクティム・オブ・チェインジズ
2. ザ・リッパー
3. ドリーマー・デシーヴァー
4. デシーヴァー
5. プレリュード
6. タイラント
7. ジェナサイド
8. エピタフ
9. アイランド・オブ・ドミネイション

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ヘヴィ・メタルの権化であるジューダス・プリーストの2nd
ハードロックと呼んだ方がしっくりくる時代の作品。

自分は「ペインキラー」とか「復讐の叫び」とかを
先に聴いてこの作品は後回しになっていた。
最初に聴いたときは「メタルじゃない」
という感想でろくに聴いていなかったと思う。
「メタル・ゴッド」のイメージと違うっていう理由で
聴いてない人って意外にいるでしょう。

確固たるオリジナリティを確立し、
メタルの歴史を作り上げたバンドとしては
「ブリティッシュ・スチール」などが
重要な作品としてフォーカスされてしまうため
何となく本作はそれ以前の作品として
地味な扱いになってしまっている。

むろんジューダス・プリーストのメタルの源流は
由緒正しきブリティッシュ・ハードロックであり、
それを究極に表現したのがこの「運命の翼」だ。
固定化されたイメージを取っ払ってみると
正しい評価ができると思う。

様式美を感じさせる楽曲はまさしく純正英国産で、
中でもこのアルバムで真っ先にあげられるのは
BCの超がつくほど劇的な組曲であり、
絶唱というべきロブ・ハルフォードのボーカルは鳥肌もので
個人的に数あるJPの楽曲のなかで最も好きな曲の1つ。

この頃のステージ衣装などを見てみると
実際のところ非常にダサかったりするのだが、
作品に漂う威厳とか品格は後の作品と比べても全く劣ることはない。

ジャケットアートワーク、アルバムタイトルに関しても満点で
要するにケチの付けようがない名盤だということが言いたいです。



posted by naganopeth at 13:37| Comment(1) | J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
名盤中の名盤ですね。
特にThe Ripper と Tyrant は名曲!
Posted by YUKI at 2012年07月03日 13:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: