2012年10月09日

ROCK OF AGES 観てきました!

rock_of_ages_backplate_home[1].jpg

ロック・オブ・エイジズ観てきました!

個人的に普段は映画まったく観ないんですが、
いや〜めっちゃ面白かったですね〜

80年代ロックファンは必見とのことだったんで
よしわかった観てやるわって感じで行ったんですが、
出演者がいきなり歌い始めてビックリしました。
ミュージカル映画って観た事ないんて知らなかったよ...

とりあえず、映画で使われてる曲(サントラより)
1. Paradise City
2. Sister Christian/Just Like Paradise/Nothin' But A Good Time
3. Juke Box Hero/I Love Rock ‘n’ Roll
4. Hit Me With Your Best Shot
5. Waiting For A Girl Like You
6. More Than Words/Heaven
7. Wanted Dead Or Alive
8. I Want To Know What Love Is
9. I Wanna Rock
10. Pour Some Sugar On Me
11. Harden My Heart
12. Shadows Of The Night/Harden My Heart
13. Here I Go Again
14. Can't Fight This Feeling
15. Any Way You Want It
16. Undercover Love
17. Every Rose Has Its Thorn
18. Rock You Like a Hurricane
19. We Built This City/We're Not Gonna Take It
20. Don't Stop Believin'
O曲目はオリジナル曲です。
ロックファンおなじみの曲と微妙にそうでない曲に分かれますな
90年代の曲も混じってる気がするが細かい事は気にしない。
まあ、聴きなじみのある曲が流れたらそりゃ盛り上がるって!

ストーリー自体はよくある青春ラブストーリーって感じで新鮮味は無いよ。
でも出演者全員がめちゃくちゃアクが強くて(主人公♀はキャラ薄い気がするが)、
ハジけまくってるので退屈さは最後まで無い!
ロックファン以外も雰囲気はかなり楽しめるんじゃないかな

そんな出演者のなかでもやっぱりトム・クルーズ
rock_of_ages_gpt[1].jpg
ステイシー・ジャックス(stacee jaxx)という架空のロックスターを演じてるんだけど、
凄いなりきりっぷりで、若干痛い感じがたまらない!
主人公たちの引き立て役という役柄だけど、キャラ濃すぎて完全に食ってしまってる(笑)

ローリングストーン誌の記者とのインタビューのシーン
0608616_45329_MC_Tx360[1].jpg
「あなたは意味不明な発言をし、気難しいと言われてますが」
「じゃあ聞くが、そいつは実際に俺にあったことがあるのか?」
「他のメンバーが言ってました」
っていうやりとりが個人的にツボッた。
このめんどくさい感じとビジュアルのイメージはアクセル・ローズがモデルだろうな。

物語において重要キャラなので当然歌うシーンもかなり多いけど、
ミュージカル初出演というトム・クルーズ本人が歌っています!
そしてボーカル・トレーニングをかなり受けたということもあってけっこう上手い!
もしかしたらデフ・レパードやボン・ジョヴィ本人よりも上手いのではないか...
細かい事言うと、声の細い澄んだ声で行儀よく歌うので若干キャラと違う気もしないではないが。

主人公♂はなんか垢抜けない感じだが、いかにもロックスターを目指す青年と言う感じでピッタリ。
diego-boneta-rock-of-ages[1].jpg
途中、悪徳マネージャーにロックはもう売れないという理由で、
Z・ガイ〜ズという下らないボーイズグループにムリヤリ路線変更させられるのだが、
個人的にはここが一番の笑いどころだった!

キャサリン・ゼタ・ジョーンズ演じるイヤミな市長婦人が敵役になってるんだけど
(主人公が勤めてるライブハウスを潰そうと圧力をかける)、
リアルタイムでPMRCがメタルとやりあってたのを見てた人は
こういう時代あったな〜と思い出すんじゃないでしょうか!
20120927175259765[1].jpg
最後はわりとあっさり負けちゃいますが。
その時のキッズのアンセムだった"We're Not Gonna Take It"を
なぜか敵役が歌っててツッコミ入れたくなった(もちろんワザとだろうけど)!

他にも悪徳マネージャーとステーシーの飼ってるサルや、
ライブハウスのオーナーと従業員のホモ展開とか、
面白かった場面まだまだいっぱいあるけど長くなるのでやめとく!

めっちゃ細かい部分でもロック・ファンがにやけるシーンがたくさんあって何度でも観に行きたくなる。
あと、この映画は映画館の大音響で観る方がぜったいおもしろい!
最後の"Don't Stop Believin'"めっちゃ感動するよ〜

映画あんまり観ないんでかなり粗い感想になってしまったけどご愛嬌
長文失礼しました!
posted by naganopeth at 16:14| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: