2013年02月02日

Jess And The Ancient Ones/Jess And The Ancient Ones

ジェス・アンド・ジ・エインシェント・ワンズジェス・アンド・ジ・エインシェント・ワンズ
ジェス・アンド・ジ・エインシェント・ワンズ

曲名リスト
1. プレイヤー・フォー・デス・アンド・ファイア
2. トワイライト・ウィッチクラフト
3. サルファー・ジャイアンツ
4. ゴースト・ライダーズ
5. サーティーンス・ブレス・オヴ・ザ・ゾディアック
6. ザ・デヴィル(イン・Gマイナー)
7. カム・クリムゾン・デス
8. サーティーンス・ブレス・オヴ・ザ・ゾディアック (ジ・オリジナル EP ヴァージョン) (初CD化) (Bonus Track For Japan)
9. ホワイト・ウィッチ・オヴ・ザ・ローズ・ホール (初CD化) (Bonus Track For Japan)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


トリプル・ギターとキーボードを擁する7人組という大所帯な編成の、
フィンランド出身ジェス・アンド・ジ・エインシアント・ワンズのデビューアルバム。

ドゥーム/ストーナーのジャンルに当てはめることができると思うが、
一部で"プログレッシヴ・オカルト・ハードロック"と呼ばれているように
神秘性やオカルト性が濃くその枠に簡単に収まらない特異性を持ち、
そのためか現代的な要素が皆無なのに古臭さをあまり感じない。
最近北欧から素晴らしいバンドが多数出てきているが、
その中でもこのデビューアルバムは出色の出来と言えると思う。

NWOBHMの影響が感じられるスピーディーな@や
ひたすら神秘的で郷愁を誘うAなども最高だが、
このバンドの真骨頂と言えるのは10分超えのBFだと思う。
プログレ、フォーク、ブルーズ、HR/HM、クラシックなど
様々なジャンルの先人達から受けた多彩なインスピレーションを
独自の解釈で自らの音楽に反映させ展開していく様は圧巻。
ジャケットアートを見ながら聴くと頭の中にぶわっと景色が広がっていく。

バンドの語り部である女性ボーカリスト・ジェスは
このバンドに加入する前はメタルやロックはあまり聴いていなかったそうだが、
彼女の天衣無縫のボーカルがバンドの世界観に決定的なものを加えていると思う。
少しジャニス・ジョプリンを想起させる情緒豊かな歌声が特徴的。

ちなみに"硫黄の巨人達"など不思議な世界観の歌詞は、
メンバーのオカルティックな体験談から書かれているとのこと。
posted by naganopeth at 15:28| Comment(0) | J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。