2013年08月25日

Judee Sill/Judee Sill

ジュディ・シルジュディ・シル
ジュディ・シル

曲名リスト
1. クレヨン・エンジェル
2. ファントム・カウボーイ
3. アーキタイプル・マン
4. ラム・ラン・アウェイ・ウィズ・ザ・クラウン
5. レイディ・オー
6. ジーザス・ワズ・ア・クロス・メイカー
7. リッジ・ライダー
8. マイ・マン・オン・ラヴ
9. ローピン・アロング・スルー・ザ・コスモス
10. エンチャンテッド・スカイ・マシーン
11. アブラカダブラ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



アメリカ出身のシンガーソングライター、
ジュディ・シルの1971年発表、デビュー作。

ジュディは幼い頃家庭内暴力を受け、
その反抗の中でドラッグにはまり込む。
10代で結婚するも、
同じくドラッグ中毒の夫は事故で他界、
命を繋ぐために強盗や売春などの
犯罪行為に手を染めていく。
深い闇とともに人生を歩んできた。

そんなすさんだ生活の中、
ひとつ光を見つけることができた。
服役中に教会音楽と出会い、
音楽理論を一から学び
音楽の才能を開花させた。

このデビューアルバムには
ジュディの壮絶な人生を
想起させる要素はないが、
彼女の音楽は誰かの癒しであるとともに
自分自身に対する贖罪や救済だったのかもしれない。
どの曲も希望に満ち溢れていて、
闇に侵されることのなかった澄んだ声は
神がかり的な美しさを持って
聴き手のもとへ降り注ぐ。

厳かで気品高い楽曲たちは、
ジュディが愛したバッハの影響が感じられる。
曲を作るときはメロディが自然と
上から降りてくるような感じだったらしい。
讃美歌にも似た神秘的な歌詞は、
音楽こそが自分の希望そのものであるという
メッセージであると感じる。

アルバムは高い評価を受けたが
商業的には失敗だった。
続くセカンドアルバムも
大衆的な評価を得られず、
自費で作成したサードアルバムは
お蔵入りになってしまう。
不幸が重なるように交通事故にあい脊椎を損傷、
後遺症から再びドラッグに手を出すようになり
ジュディはやがて表舞台から完全に姿を消していく。
そして1979年11月に
コカインの過剰摂取により死亡した。
享年35歳であった。

皮肉なことに、
時を経て彼女は再び評価され始めた。
もしも存命中に評価されていたとしたら、
もう少し明るい人生になっていたかもしれない。
しかし、ジュディの遺した音楽たちは、
彼女の音楽に出会った人全てに
今でもまばゆい光を与え続けている。
posted by naganopeth at 12:30| Comment(0) | J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。