2015年01月13日

クロウ・真飛翔伝説

41LZHaloc0L[1].jpg
どうしてこうなった...

ブログには好きな音楽・映画しか載せないと決めていましたが、
あえて今回は愚痴を言いたいと思います。

以前ここで書いたように
中学生くらいのときクロウの第一作目を見て
非常に感動した僕ですが、
その後は某動画サイトで何回か見るくらいで
映像ソフトは持っていませんでした。
というわけで去年DVD買おうと
某大手通販サイトで検索したら、
非常に安価でありました(確か700円くらい)。
しかもブルーレイだぜ!
それでまあよく調べもせずに
不幸にもこの作品を掴んでしまったわけです。
そもそもクロウに続編があるとか知らなかったし、
クロウ3とか4とかナンバー振ってませんからね...

届くまではウキウキだった僕は
パッケージを見てあっこれ違うわと気付きました。
主演のエドワードファーロング(ターミネーター2の子役)、
全くクロウのメイクが似合ってないんですね。
20130731_1288948[1].jpg
言うまでもなくこれは重大な問題です。
主人公がコスプレやってるようにしか見えないです。

ストーリーもめちゃくちゃです。
前もお伝えしたとおりクロウには基本設定と流れがあります。

主人公、愛する人とともに惨殺される

カラスの力で復活、クロウに変身

自分たちを殺した相手に復讐

ラスボス戦、相棒のカラスがやられて力を失いピンチに陥る

今作もこれにあてはまるんですが、
ここに悪魔教団やら部族やらなんやらごちゃごちゃ加わり、
全く意味不明なストーリーになってしまっています。

不死身の力を使い無双するも
護り神のカラスがやられラスト前でちょっと詰む、
というのが定番の流れですが、
この作品では中盤くらいでがっつり詰みます。
なので復讐相手にボコボコにやられてしまいます。
スローモーションを多用した格闘シーンも噴飯もので、
まるで吉本新喜劇のチンピラのケンカシーンのようです。

また、ところどころ1作目を意識したような
ハードボイルドな所作やセリフが入るのですが、
それがかえって痛々しくなってしまっています。
カラスを復活させるためダニートレホが裸踊りをするシーンは
コメディ映画か悪ふざけにしか思えません。

こんな中身なのでよっぽど売れなかったのか、
1作目と抱き合わせパッケージの商品もあります。
つまらなきゃ見なけりゃいいだろと思います。
しかし前述のようにクロウ4みたいなタイトルではないので、
(僕みたく)間違えて買ってしまう人も多数いると思います。
そんなわけで非常に厄介な作品です。

パッケージ裏面の文章:

全米の熱烈な”クロウ”マニアから
「今までで最も原作に近い映画!最高!!」
と熱狂的に支持された傑作ダークアクション!!

もうヤケクソですねこれは...
posted by naganopeth at 01:23| Comment(0) | A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。