2013年06月01日

Construct/Dark Tranquillity

コンストラクトコンストラクト
ダーク・トランキュリティ

曲名リスト
1. For Broken Words
2. The Science Of Noise
3. Uniformity
4. The Silence In Between
5. Apathetic
6. What Only You Know
7. Endtime Hearts
8. State Of Trust
9. Weight Of The End
10. None Becoming
11. Immemorial
12. Photon Dreams
13. To Where Fires Cannot Feed
14. The Bow And The Arow
15. Zero Distance
16. Zero Distance - Radio Edit

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


メロディック・デスメタル最重要バンドの一つ、
ダークトランキュリティの2013年作品。

安定してクオリティの高い作品をリリースし
ファンからの信頼度も非常に厚いバンドだが、
今回の作品も素晴らしい出来だった。

高いクオリティで安定しているといっても、
多少の変化を厭わないバンドでもある。
前作から比較するとスピードは控えめで、
アグレッシブなメロデスを期待する人は
1曲目から肩透かしを食らうと思う。
ギターを抑えてドラムとキーボードが前に出ていて、
いかにもメロディックデスメタル、という音像とは決別している。
CDFなどテンポの速い曲もあるが、
表面的には今までとの違いがはっきりと分かるので
そのあたりで賛否両論が出るのは間違いなさそう。

しかし、このバンドの根幹の部分である
ダークでメランコリックな表現は
むしろさらに磨きがかかっており、
アプローチの部分を変えただけであるともいえる。
表現方法の幅が広がった、と解釈するのがいいかもしれない。
ダーク・トランキュリティの音楽のファンなら
わりかしすんなりと受け入れることができるのではないか。

劇的な展開のAGHあたりはバンドの真骨頂。
ミカエル・スタンネのデスボイスも相変わらず
業界随一の美しさを誇っており、
クリーンボイスも一段と深みを増した。

特筆すべきはバンドの持つアイデアの豊富さと
それを纏める作曲のセンスであり、
安直な原点回帰に走り劣化していくバンドとは違い
いまだに新鮮な感動と驚きを感じさせてくれる。

新しい要素も付け焼刃的なものではなく
しっかりと血肉化させている点は、
さすが百戦錬磨のベテランバンドであると感じた。
彼らがファンであるというデペッシュ・モード的な要素が
新しいサウンドのいい隠し味になっている
また、最近引っ張りだこのイェンス・ボグレンがミックスを手がけており、
非常にクリアで立体感のあるサウンド作りに貢献している。

「自分たちがもっとも安全でいられる領域を歩むつもりはない」
というミカエルの言葉が嬉しい。
さらなる進化をとげたダークトランキュリティの今後に期待!
posted by naganopeth at 12:18| Comment(0) | D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

Metropolis Part 2: Scenes from a Memory/Dream Theater

Metropolis Part 2: Scenes from a MemoryMetropolis Part 2: Scenes from a Memory
Dream Theater

曲名リスト
1. Regression
2. Overture 1928
3. Strange Deja Vu
4. Through My Words
5. Fatal Tragedy
6. Beyond This Life
7. Through Her Eyes
8. Home
9. The Dance Of Eternity
10. One Last Time
11. The Spirit Carries On
12. Finally Free

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ドリーム・シアターの5thフルレンス・アルバム。

もともと高度な演奏技術と大衆性を
絶妙なバランスでまとめる事ができる
世界で唯一のバンドだとは思うが、
そのポテンシャルを全て詰め込んだような作品だと思う。

複雑な曲展開も超高度な演奏技術も、
全てがこのアルバムの芸術性を高めることに集約しており
全てが必要不可欠な要素になっている。
これ以上に芸術性を感じさせるアルバムは僕は知らない。
まさしく究極の完成度を持つ作品だと思う。

トータル・コンセプトアルバムであるが
「輪廻転生」をテーマにしたこともあり
難解な世界観と見せかけつつ実は普遍的なテーマである
J曲目のストレートな歌詞は少なからず心に響く
(この曲のギターソロは本当に凄いです)。

実のところ本作を聴くまでは自分は
ドリーム・シアターはプログレ系のバンドの中でも
テクニック至上主義のバンドの代表格みたいに思っていたので
凄い才能のあるバンドだとは思いつつも
彼らの大ファンというわけではなかった。

「評判いいからとりあえず聴いてみよう」
というような軽い気持ちで聴いたが
最初に聞いた時から鳥肌が立ちっぱなしになってしまった。

とはいえ、彼らの別の作品を聴いても今作以上の感動は無く
代表作である「イメージズ・アンド・ワーズ」も
名盤だけど本作には及ばないと思った。
自分にとってこのアルバムは別格だった。
posted by naganopeth at 13:34| Comment(0) | D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

Damage Done/Dark Tranquillity

Damage Done (Reis) (Dlx)Damage Done (Reis) (Dlx)
Dark Tranquillity

曲名リスト
1. Final Resistance
2. Hours Passed in Exile
3. Monochromatic Stains
4. Single Part of Two
5. Treason Wall
6. Format C: For Cortex
7. Damage Done
8. Cathode Ray Sunshine
9. Enemy
10. White Noise/Black Silence
11. Ex Nihilo
12. I, Deception
13. Static [*]
14. Poison Well [*]
15. Treason Wall [Live][*]
16. Monochromatic Stains [CD-ROM Track][*]

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


元祖メロディック・デスメタル・バンド、ダーク・トランキュリティ。
最近、良アルバムを連発しているため
メロデス好きには現在最も信頼のあついバンドじゃないでしょうか。
このアルバムは彼らの6作目にあたる。

前2作がちょっと地味めだったため、
それを意識してかキャッチーで前のめり気味の勢いのある曲が多い。
キーボードのアレンジもわかりやすく効果的になった。

@BDあたりが人気曲でライブでもよく演奏されるが、
個人的には正統派のメタル・リフで押しまくる
GCathode Ray Sunshineがめちゃくちゃ好きなんすわ。

激情型ボーカル、ミカエル・スタンネのデスボイスは
初期のころの刺刺しさは少し減退してきたが
やはりメロデス界随一の美しさ。
このスタイルでここまで感情表現できる人はいないだろうな。

DTの最高傑作は「The Gallery」という人も多いが、
個人的には本作か、さらにアグレッシブな次作かな。

自ら作り上げたスタイルを破壊→再構築し
新たな可能性を見つけようとするイン・フレイムスに対し、
DTは新たな要素を少しづつ取り込みながら
メロデスの王道を突き進んでいる印象。

どちらも自分にとってはリアルタイムのバンドだけに
結構思い入れも深いです。


posted by naganopeth at 10:20| Comment(0) | D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。