2012年12月08日

Yellow & Green/Baroness

イエロー・アンド・グリーンイエロー・アンド・グリーン
バロネス

曲名リスト
1. YELLOW THEME
2. TAKE MY BONES AWAY
3. MARCH TO THE SEA
4. LITTLE THINGS
5. TWINKLER
6. COCAINIUM
7. BACK WHERE I BELONG
8. SEA LUNGS
9. EULA

1. GREEN THEME
2. BOARD UP THE HOUSE
3. MTNS.(THE CROWN & ANCHOR)
4. FOOLSONG
5. COLLAPSE
6. PSALMS ALIVE
7. STRETCHMARKER
8. THE LINE BETWEEN
9. IF I FORGET THEE,LOWCOUNTRY

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



アメリカ・ジョージア州サヴァンナ出身のバンド、
バロネスの2012年発売のサード・アルバム。
サイケデリックでグロテスクでビューティフルなジャケットアートは
リード・シンガー兼ギタリストのジョン・ベイズリーが手がけた。

前作までは同郷バンドのマストドンの影響を
強く感じさせるカオティック/スラッジの趣だったが、
今作はそこからさらに70年代の
プログレッシヴ・サイケデリック色を強め、
オーペスの「ヘリテイジ」に近いアプローチになっている。
前作で部分的に見られた叙情的なメロディの萌芽が
今作で一気に開花した印象を受けた。

2枚組全18曲の大作となっているが、
一貫してキャッチーなメロディーに彩られており
全くダレる事なく何度も聴きこませる。
DISC1とDISC2は一貫性を保ちつつも区別されており、
DISC1は今までのバロネスにキャッチーな要素を取り組んだ印象で、
DISC2はデリケートな叙情性が強調された印象。

特に壮麗でエモーショナルなメロディが染み込む
DISC2のBCDはため息が出るほど素晴らしく、
何度も音楽に溶け込んでいくような感覚になる。
効果的に配されたインストも作品の説得力を強めている。

前作のバロネスを期待していた人は肩透かしをくらうだろうが、
表面だけのスピードやヘヴィさに逃げることなくメロディを磨いて深化した。
より幅広いファンにアピールできる力作。

個人的に2012年にもっとものめり込んだアルバム!
posted by naganopeth at 14:31| Comment(0) | B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

Tyr/Black Sabbath

TyrTyr
Black Sabbath

EMI 2002-08-26
売り上げランキング : 100225

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ヘヴィ・メタルの元祖、
ブラック・サバスの15作目。

海外ではオリジナルの編成が圧倒的人気で、
この頃のトニー・マーティン時代のサバスは
無かったことにされたりしていて、
日本でしか評価されていない気がする。

小さなクラブで演奏するようになったり
当時人気はかなり低迷していたみたいだが、
作品の質はとても高い。

このアルバムは個人的に様式美サバスの頂点だ。
大名盤Rainbowの「Rising」の
完成度に匹敵するといっても過言じゃない。

トニー・マーティンのボーカルは
ロニー・ジェイムス・ディオを
少し女性的にしたような感じで
ドラマティックで艶のある歌を聴かせる。
知名度やカリスマ性は全く比較にならないが
実力はロニーに勝るとも劣らないボーカリストだ。

いかにもコージー・パウエルという感じの
自己主張の強いパワフルなドラミングは、
作品にとてつもない力強さ・荘厳さを与えている。
輝かしいキャリアを持つ彼の中でも
個人的にはこのアルバムの演奏がベストかもしれない。
AThe Lawmakerのドライブ感もコージーならでは。
ロニーは「コージーはサバスに合わない」と主張していたらしいが
個人的には絶妙なマッチングだ。

稀代のリフ・メーカーであるトニー・アイオミ大先生は
相変わらず素晴らしいリフを書いている。
またコンポーザーとしての才能も半端ない。

ニール・マーレイのベースも
コージー・パウエルとの相性抜群で、
バンドの屋台骨を支えているし、

ジェフ・ニコルズのキーボードも
この荘厳な世界観の重要なアクセントになっている。

…とまあ各パート、実力派揃いだ。

全曲完成度高いと思うが、
@Anno Mundiは様式美HR/HM史上最高の部類に入ると思う。

リバーブがかかりまくった音作りがよく非難されているが、
北欧神話をテーマにしたこのアルバムにとっては
神秘的な感じが出ていて悪くないと思ったりもする。

隠れた名盤扱いされるのはもったいないなあ
posted by naganopeth at 22:48| Comment(0) | B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。