2013年06月25日

Symphonic Holocaust/Morte Macabre

Symphonic HolocaustSymphonic Holocaust
Morte Macabre

曲名リスト
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


"メロトロン"という単語に
過剰反応を起こす人に強くオススメしたい、
モルト・マカブルの現時点で唯一の作品。

一部のスキャットなどを除き全編インストゥルメンタル、
メンバー4人全員がメロトロン奏者として
クレジットされているという徹底ぶり!

モルト・マカブルは
スウェーデンのアネクドテンとランドベルクの
2名ずつ計4人の混成メンバーで、
ホラー映画のサントラのカバー曲を演奏するために結成された、
いわゆるプロジェクトといやつです。
北欧プログレファンにはお馴染みの2つのバンドですが、
なかなか濃いメンツが集まっていますね。

アルバム収録曲と原作映画は以下の通り。

@ "Apoteosi del Mistero"(Fabio Frizzi)
  地獄の門/CITY OF THE LIVING DEAD
A "Threats of Stark Reality"
  次曲へのインストゥルメンタル
B "Sequenza Ritmica E Tema"(Fabio Frizzi)
  ビヨンド/THE BEYOND
C "Lullaby"(Christopher Komeda)
  ローズマリーの赤ちゃん/ROSEMARY'S BABY
D "Quiet Drops"(GOBLIN)
  嗜肉の愛/BEYOND THE DARKNESS
E "Opening Theme"(Riz Ortolani)
  食人族/CANNIBAL HOLOCAUST
F "Photosession"(Glascow)
  GOLDEN GIRLS
G "Symphonic Holocaust"(Morte Macabre)
  オリジナル曲

のっけからメロトロンを4台重ねた、
メロトロンの大洪水と轟音ヘヴィネスで
その筋の人は絶頂間違いなし!!

元の2つのバンドの音楽性を
掛け合わせたような音楽性ではあるものの、
その濃度は数倍増しになっている気が。
ホラー映画のカバーだけあって重厚で陰鬱、
メロトロン特有の不安定で幽玄な響きが闇をさらに深めていく。
聴いているうちにどす黒い闇に侵食されていくかのような、
もう救いようのない暗さ。
過去のどんなプログレの名盤でも、
ここまでメロトロンの表現力を
引き出した作品はないのでは、と
思うほどの絶品の音色です。

カバーしている曲は別々の映画のサントラだけど、
確かな実力とクセのある人達が
再構築しているだけあって散漫さは感じられず、
むしろ一貫性があってよくまとまってると思う。
また、女性のスキャットやテルミンなど、
地味に恐怖を増幅させられる小技は流石!
主役であるメロトロンをしっかり引き立ててるかと。

唯一のオリジナル曲である、
ラストのGは18分近い大曲。
ゆっくりと不穏な感じで始まり
終盤につれ次第に演奏がヒートアップ、
メロトロンを敷き詰め轟音鳴り響くラストを迎えた後は
圧倒されっぱなしでもう放心状態に。

そんな感じで"魔器"メロトロンの
魔力と妖気を骨の髄まで堪能できる作品。
全くといっていいほど大衆性はなく、
好き嫌いはっきりと別れると思いますが
その分とてつもない中毒性があります。

ホラー映画らしい退廃的な美しさもあるので、
ゴシック系が好きな人もハマるかも。

少し入手し辛くなってますが、是非ご一聴を!
http://www.youtube.com/watch?v=VVN961z32tw
posted by naganopeth at 15:30| Comment(0) | M | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

Mellow Candle/Swaddling Songs

Swaddling SongsSwaddling Songs
Mellow Candle

曲名リスト
1. HEAVEN HEATH
2. SHEEP SEASON
3. SILVERSONG
4. THE POET AND THE WITCH
5. MESSENGER BIRDS
6. DAN THE WING
7. REVEREND SISTERS
8. BREAK YOUR TOKEN
9. BUY OR BEWARE
10. VILE EXCESSES
11. LONELY MAN
12. BOULDERS ON MY GRAVE

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


イギリス(厳密にはアイルランド)のフォーク・バンド
メロウ・キャンドルの72年発表の唯一のアルバム。

オリジナルLPはプレミアが付いて
6ケタの価格がするらしい!

しかし隠れた名盤というよりも、
トラッド/フォークに興味を持てば
必ず出会うことになる歴史的名盤だ。
もちろんCDだと簡単に入手できますよ。

チューダー・ロッジ、スパイロジャイラと並び
英国三大フォーク・バンドと称される事も多い。

どのバンドもメチャクチャ良いんだけど
個人的にはメロウ・キャンドルが一番好きだ
とにかく曲がいい!!

個性の違う2人の女性ボーカル
クロダーとアリソンのハモリが素晴らしく、
メロディは万人が受け入れるだろう
親しみやすさがある一方で、
幻想的で非常に気品にあふれている。

プログレ系に含まれることもあるみたいだけど、
取っつき難さは全くありません。

昨今の商業主義にまみれた音楽が失ってしまった
純粋な音楽の魅力がつまっている。
ジャンルの垣根を越えて賞賛されるべきアルバム。

メタラーにもおすすめできるクオリティの高さ、
オーペスのダムネイションが好きな人は必聴!
ラベル:MELLOW CANDLE
posted by naganopeth at 22:18| Comment(0) | M | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

Killing Is My Business/Megadeth


Killing Is My Business (Rmx)Killing Is My Business (Rmx)
Megadeth

曲名リスト
1. Last Rites/Loved to Death
2. Killing is My Business...And Business Is Good
3. The Skull Beneath the Skin
4. Rattlehead
5. Chosen Ones
6. Looking Down the Cross
7. Mechanix
8. These Boots
9. Last Rites/Loved to Deth (Unreleased Original 1984 Demo)
10. Mechanix (Unreleased Original 1984 Demo)
11. The Skull Beneath the Skin (Unreleased Original 1984 Demo)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スラッシュ・メタルのパイオニア、
デイヴ・ムステイン(vo,g)率いるメガデスのデビュー作。

当時、体にあまりよくない薬に
レコーディング費用のほとんどを流用してしまい、
音質が最悪だったのは有名だ。
現在はリマスター盤が出ているので、
その辺の問題はなくなった。

デイヴも20代前半で
デビュー作らしく若々しさを感じるが、
それと同時にまるで首筋に刃物を当てられているような
張りつめた緊張感が漂っている。

怒り・憎しみといった感情が
噴き出す生々しさと、
ELooking Down The Cross に代表される、
とんでもなく攻撃的でありながら、
恐ろしく緻密な楽曲には
もはや狂気に近いものを感じる。

アーチ・エネミーのマイケル・アモット
初期メガデスの局は複雑すぎてカヴァーできない、って
言ってたくらいだ。
デビュー作ですでにメカデスは完成されていた。

アルバムの完成度で言えば、
たぶん次作や4作目のほうがずっと高いんだろうが、
過激さ・デンジャラスさは一番このアルバムが高い!
posted by naganopeth at 22:38| Comment(0) | M | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。