2013年05月14日

Circle & the Blue Door/Purson

The Circle & The Blue DoorThe Circle & The Blue Door
Purson

曲名リスト
1. Wake Up Sleepy Head
2. The Contract
3. Spiderwood Farm
4. Sailor's Wife's Lament
5. Leaning On A Bear
6. Tempest And The Tide
7. Mavericks And Mystics
8. Well Spoiled Machine
9. Sapphire Ward
10. Rocking Horse
11. Tragic Catastrophe

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


リー・ドリアン主宰のライズ・アバヴ発
イギリス出身のプルソンのデビューアルバム。

いや凄いのが出てきましたよほんとに。

バンドの中心人物、
女性ヴォーカル&ギタリストのロジー・カニングハムは
70年代のアングラなロックに傾倒していて、
録音技術を含め現代的な要素を一切排除した
アナログなロックはまさに70年代そのもの。
事前情報なしで聴いたらたぶん勘違いすると思います。

プルソンの音楽からは伝説のカルトフォークバンド、
メロウ・キャンドルからの影響が強く感じられるけど、
(Cで使われているカモメの鳴き声はオマージュかな?)
イノセントなイメージのメロウ・キャンドルとは対照的に
このプルソンはとてつもなく悪魔的・儀式的な妖気をまとっている。
霧深い森の奥へと誘い込まれるような感覚は
コウマスの1stを思い出した(あそこまでの面妖さはないが)。
かなり太めのベースと怪しさ満点のメロトロンがポイントかな。

PVが作られたDなどはかなりキャッチーで、
このポップセンスも見逃せないところ。
アップテンポな曲でも軸が全くブレることがなく、
本当に20歳半ばの新人か疑ってしまう。
叙情的なメロディがたゆたうラストソングJも堪らん。

デビューアルバムから強烈な個性と完璧な世界観を持っていて、
果たして次のアルバムはネタがあるのか心配になってしまうくらい。
大衆性があるかと聞かれれば答えに迷っちゃうけど、
かといって難解だということはないと思う。
個人的にとてもツボな音楽性なので、
迷走せずこのまま突き進んでいってもらいたいです。

ロジーはまだ23歳だしめちゃくちゃオーラがあるので、
けっこう人気も出るんじゃないでしょうか。


個人的に2013年のベストアルバム候補!
posted by naganopeth at 14:04| Comment(0) | P | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

Remedy Lane/Pain of Salvation

レメディ・レーンレメディ・レーン
ペイン・オヴ・サルヴェイション

マーキー・インコーポレイティド 2002-01-23
売り上げランキング : 73682

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


鬼才ダニエル・ギルデンロウ率いる
ペイン・オヴ・サルヴェイションの4作目

彼らの作品は基本どれもクセが強いが、
音楽的な面でみると一番聴きやすいアルバムだと思う。
名盤といわれる前作に引けを取らない素晴らしい作品だ。

前作と同じようにコンセプト作で、
今作は「愛と性、家族や人間関係の危機」をテーマにしており、
ダニエルの生々しい実体験に基づいている。

CA Trace of Bloodは流産についての曲であり
FUndertowでは「死なせてくれ」という
GRope Endsは自殺についての曲である。
テーマは内省的で、のしかかるように重い。
この作品はダニエル自身にとってのセラピーだったのかもしれない。

先に言ったように、音楽面はわりとキャッチーな部分も多く
決して取っ付きにくいけではない。
彼ららしい情感あふれるメロディが散りばめられており、
LSecond Loveなんかはむしろ希望を与えてくれる名曲だ。
(アコースティック作「12:5」のバージョンも必聴!)

彼ら=ダニエルの創る音楽は心の痛みをダイレクトに伝えてくる。
陳腐なストーリーはここにはない。
いつも思うが「救済の痛み」というバンド名は見事だ。

音楽性は違うが、Sentencedに通じるものがあるように思う。
ラベル:Pain of Salvation
posted by naganopeth at 23:17| Comment(0) | P | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。