2017年10月17日

ラウドパーク17

久しぶりにラウドパークに参加しました。
ラウパ最後に行ったのは2009年なので8年ぶり!
仕事の都合やらめんどくさかったりなどでだいぶ間が空いてしまいました。
で、なぜ今回参加したかというと、
エンペラーのイーサーン・サモス・タリムによる2nd完全再現が
このラウパの公演一回きりということで、
さすがにこれは行くしかねえとなりました。
(2014年の1st完全再現の大阪公演には行ったのですが、
サモスが病気で不参加だったり、僕が2ndの方が好きだったりして正直ちょい消化不良気味でした。)

時間の都合と個人的なやる気の問題もあり、
エンペラーとオーペスを見たというだけですが、
ラウパの感想をダラダラと書いていきたいと思います。

今回の会場のさいたまスーパーアリーナは非常に行きやすいですね。
東京駅から乗り換え一回だけで済み駅からもすぐなので、
僕のような酷い方向オンチでも簡単に行くことができます。
大阪を9時に出て、13時前には会場に着くことができました。
会場では日本のアンセムが演奏していましたが、
ここからオーペスの出番の15時40分まで、会場の外の居酒屋でダラダラしていました。

・オーぺス
出番10分前くらいに会場に再入場するとウインガーが最後あたりの演奏をしており
さっきのギターの人上手かったなあなんて思っていると、
オーペスファンおなじみPopol Vuhの"Through Pain to Heaven"が流れてオーぺスが始まりました。

1曲目は新譜からサイケで怪しいリフが素敵な"Sorceress”、
ライブで聴くとズンズンと重厚なリズムが新鮮でした。
音響は抜群で、大きな会場でも各楽器の音が非常にクリアで単独公演のときと遜色ありません。
ボーカル&ギターのミカエルは初来日のときのラウパと同じ
フラワー・トラベリン・バンドのサトリのTシャツ着ていました。
いつもなら曲の間にミカエルの長めの脱力系のMCが入るところですが流石に今日は早めに切り上げ、
2曲目はGhost Reveriesから"Ghost of Perdition”
メタル×プログレ全てを詰め込んだ名曲で、緩急自在に展開していく様子は圧巻でした。
観客の盛り上がりもこの曲が一番良かったと思います。
ただ、ミカエルはクリーンボーカルはどんどん上手くなってる代わりに
グロウルに関しては少し苦しくなってるのかもしれないと感じました。
3曲目は新譜から"The Wilde Flowers"、
4曲目はDamnationからメロトロンの響きが美しい"In My Time of Need"で
会場をメタルフェスらしからぬロマンチックなムードに変えると、
ミカエルがスタッフと何やら話した後「あと1曲です」とのこと。
まだ4曲しかやってないぜ!?
5曲目はライブの定番曲"Deliverance"
舞台照明とユニゾンするラストパートはいつ観ても完璧です。
で、結局全部で5曲で終わりました。物足りねえ...

もう何度も観ていますが、やはりオーペスのライブは最高ですね。
ただやっぱり今回は持ち時間が少なすぎたと思います。
フェスなので仕方ないですけどね。
もちろん長けりゃいいってもんでもないですが、
ドリームシアターのように2時間半とか3時間やってもいいバンドだと改めて思いました。
活動休止のためしばらく見れなくなりそうなのがなんとも残念です。

あと細かいですが、オーペスの終盤あたりで
隣のステージで大音量でサウンドチェックやり始めたのが何とも気になりました。
もちろん時間がタイトなので仕方ないかもしれませんが、
静かなパートでドカドカとドラムが聞こえてくるのは少し興ざめでした。

で、オーペス終演後しばしの休憩をはさむ...

・エンペラー
エンペラー待ちでついでに(失礼)観たアリス・クーパーが思いのほか楽しくて
正直すこしフワフワした感じになったのですが、
闇の讃美歌の始まりを告げるインスト、
Alsvartr (The Oath)が流れると今回の遠征の目的を思い出しました。

インストが終わり暴風のようなタリムのドラミングのYe Entrancemperiumで早くも最高潮!
金髪痩躯でただならぬオーラを醸し出すサモス、
大学教授のようなビジュアルのイーサーン、
ブラックメタルの伝説の3人が名盤Anthems to the Welkin at Duskを
目の前で完全再現しているという夢のような体験に馬鹿みたいに興奮しました!
バンド名に"皇帝"てつけて冗談にならないのはこの人たちくらいではないでしょうか。
緑を基調にしたまがまがしいステージ照明も雰囲気最高でしたね。

最初は前方フロア後方でゆっくり観ようと思っていたのですが、
思いのほか前方フロアが空いていて(爆)どんどん前に押されてモッシュに巻き込まれてしまいました。
これが20年前のアンダーグラウンドなブラックメタルの時代であれば
No Mosh, No Core, No Trends, No Fun, No Controversyのルールのもと
暴れまわるモッシャーは排除されていたんでしょうが、
ステージ上で嬉しそうに観客を煽ってるイーサーンを見て
そんなルールはもう無いんだなと再確認しました。

前方の方はメチャクチャな状態でこりゃ厳しいと後ろの安全地帯に避難しました。
難を逃れて改めてゆっくり聴いてみると2ndの曲は粒ぞろいですね。
"Ye Entrancemperium""Thus Spake the Nightspirit"
"The Loss and Curse of Reverence""With Strength I Burn"
などアルバムの大半はライブの定番曲ですからね。

エンペラーといえばブラックメタルあまり聴かないメタラー諸氏は
教会放火したり殺人やらかしたりしたやべーバンドというイメージだと思いますが、
実のところメタル界隈でも屈指の腕前を持ったミュージシャンの集まりでもあります。

凄まじく複雑な曲を余裕(に見える)で演奏するこの人たちはやはり凄いミュージシャンですね。
特にタリムは最初から最後までほとんどブラスト叩いてて人間離れしていました。
ドラム半分引退してた人とは思えませんね...

もともと2ndは(1stより大分マシとはいえ)音質が余りよくないので、
スタジオ版よりこのライブのほうがクリアに聞こえるという現象が起こっていました。

そうそうサポートのキーボードはイーサーンの義弟、レプラスのエイナルでした。
いつも通りハッスルして弾いてたのですが、演出の関係もあり今回はあまり目立ちませんでした。
心なしかコーラスの音量も小さくされてたように思いました。
今回は主役じゃないので仕方ないですけどね。

そんなこんなでアルバム最後の"The Wanderer"で完全再現は終わりましたが、
余韻に浸るまもなくイーサーン絶叫から"Curse You All Men!"
"I Am the Black Wizards""Inno a Satana"
のブラックメタルクラシック3連発!
"Inno a Satana"の大合唱は邪教の集会というか一体感がありましたね。

アウトロの"Opus a Satana"が流れたところで
ここで時間切れ、帰路につきました。
(スレイヤー見たかったですね...)
この流れでぜひ3rdの完全再現もやってほしいものです。
完全再現そうとう大変なアルバムだと思いますが。

たった2バンド(3バンド)しか観ていないのにフェスに参加したと言えるかは置いといて、
8年ぶりのラウパはとても楽しかったです。
8年前の自分に今年のラインナップを見せたらあまりの変化のなさにビビるでしょうが
まあラウパはこれでいいんじゃないでしょうか。

次は行けるのはいつになるかわかりませんが、行けたら行くということで...
posted by naganopeth at 12:53| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

2014年マイベストアルバム

2014年も本日で終わりですね。
今年出たアルバムのお気に入りベスト10をあげてみます。
スリップノットとかジューダスプリーストまだ買ってないですはい。

@Till Death, La Familia /ILL NIÑO
 熱いメロディ!リズム!すごいテンション上がる!

APale Communion /Opeth
 前作と同じくプログレ路線だけど歌メロとギターが少し派手になっていい塩梅に

BThe Oath /The Oath
 オカルトロック+NWOBHMの衝撃のデビュー作、そして衝撃の即解散。超かっこいい

CTime to Die /Electric Wizard
初期の作品のような、明らかに万人向けではない超重遅ドゥーム。頭ぐわんぐわんするリフが気持ちいい

DLost Forever//Lost Together /Architects
激情系メタルコア、ボーカルのキレっぷりがいつにも増して素晴らしい

EWatchers Of Rule /Unerath
ドラマー交代しさらにデスラッシュ化が進む。超激しいので通して聴くとなかなか疲れるがこれぞメタルだ

FQuaternity /Sabbath Assembly
真正オカルトロック、隣の部屋から聞こえてくるとかなり怖い

GShelter /Alcest
メタルから脱却しメロディが剥き出しになった。何度でも聴けるアルバム。

HBlack Veil Brides /Black Veil Brides
さらに80'Sヘアメタルにシフトしメロディに磨きがかかった。ただ割と飽きは早いかも

IRoyal Blood /Royal Blood
ベースとドラムの二人だけでここまでやれる。 すごいセンス

今年のベストトラック


こんな感じですね。
Septicflesh、Grand Magus、U2、Billy Idol、Castle、Shearとかの新作もよく聴きました。
来年はアネクドテンがそろそろアルバム出してくれそうで楽しみ。
ではまた!
posted by naganopeth at 11:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

あけましておめでとうございます

あけおめ!
posted by naganopeth at 13:34| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする