2013年09月10日

Powerdose/Speedtrap


PowerdosePowerdose
SPEEDTRAP

曲名リスト
1. Redemption Of Might
2. Take Their Lives
3. Ready To Strike
4. Out Of Time, Out Of Line
5. Powerdose
6. Battle Cry
7. Reckless Endagerment
8. No Sympathy
9. Out For Your Blood
10. Get It Or Get Away
11. Midnight (Rough Ride)
12. Time To Die ※T-09 ~ T-12 日本盤ボーナス・トラック(Split LP「Speedtrap / Death With A Dagger」-2010- より)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ヘヴィー・メタル大国フィンランドから
とてつもない可能性を秘めたメタル馬鹿が誕生した!

スピードトラップ、衝撃のデビューアルバム!!

いかにも80年代なセンスのバンドロゴから想像できるように
NWOBHMのエッセンスが凝縮されたスピードメタルで、
スピードウルフやエンフォーサーのような
愛すべきメタル馬鹿に通じるものがある。
しかも今作は完全アナログ・レコーディング仕様、
コンピュータの類は一切使用されていないという徹底ぶり!

とにかくメタル魂に火を付けるような曲ばかり。
打ち出の小槌のように出てくるスーパークールギターリフ
(メガデスやダイヤモンド・ヘッドばりの細かいリフがたまらん)、
ドライブ感抜群のリズムセクションと文句なし。
ヘッドバンギングに最適な体感速度も◎
この手のスタイルの音楽の多くは
ボーカルがヘタウマ系だったりするが、
スピードトラップのボーカルは非常に安定感がありかなりの逸材
(少し声は細めだが、音楽性にマッチしているので問題なし)。

また、スピード一辺倒かと思わせて
Cのようなグルーヴィーな曲も超素敵で、
憎たらしいほどにメタラーのツボを付いて来るぜ。
わずか8曲で終わる潔さもあいまって、
聴後の爽快感はスレイヤーの大名盤、
「レイン・イン・ブラッド」にも引けをとらぬ!

...こういうスタイルの音楽を
「過去の焼き直し」だと揶揄する人もいるが、
エンフォーサーのオロフが言うように、
正統派メタルは不変のものであり
古いも新しいも関係ないのである!
ヘヴィー・メタルは不滅!!

とにかくメタルが好きなら一度聴いてみましょう!
本当に言いたいことはたった一つだけ、
メタルが好きならとにかく一度聴いてみてください!!
posted by naganopeth at 13:12| Comment(0) | S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

Judee Sill/Judee Sill

ジュディ・シルジュディ・シル
ジュディ・シル

曲名リスト
1. クレヨン・エンジェル
2. ファントム・カウボーイ
3. アーキタイプル・マン
4. ラム・ラン・アウェイ・ウィズ・ザ・クラウン
5. レイディ・オー
6. ジーザス・ワズ・ア・クロス・メイカー
7. リッジ・ライダー
8. マイ・マン・オン・ラヴ
9. ローピン・アロング・スルー・ザ・コスモス
10. エンチャンテッド・スカイ・マシーン
11. アブラカダブラ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



アメリカ出身のシンガーソングライター、
ジュディ・シルの1971年発表、デビュー作。

ジュディは幼い頃家庭内暴力を受け、
その反抗の中でドラッグにはまり込む。
10代で結婚するも、
同じくドラッグ中毒の夫は事故で他界、
命を繋ぐために強盗や売春などの
犯罪行為に手を染めていく。
深い闇とともに人生を歩んできた。

そんなすさんだ生活の中、
ひとつ光を見つけることができた。
服役中に教会音楽と出会い、
音楽理論を一から学び
音楽の才能を開花させた。

このデビューアルバムには
ジュディの壮絶な人生を
想起させる要素はないが、
彼女の音楽は誰かの癒しであるとともに
自分自身に対する贖罪や救済だったのかもしれない。
どの曲も希望に満ち溢れていて、
闇に侵されることのなかった澄んだ声は
神がかり的な美しさを持って
聴き手のもとへ降り注ぐ。

厳かで気品高い楽曲たちは、
ジュディが愛したバッハの影響が感じられる。
曲を作るときはメロディが自然と
上から降りてくるような感じだったらしい。
讃美歌にも似た神秘的な歌詞は、
音楽こそが自分の希望そのものであるという
メッセージであると感じる。

アルバムは高い評価を受けたが
商業的には失敗だった。
続くセカンドアルバムも
大衆的な評価を得られず、
自費で作成したサードアルバムは
お蔵入りになってしまう。
不幸が重なるように交通事故にあい脊椎を損傷、
後遺症から再びドラッグに手を出すようになり
ジュディはやがて表舞台から完全に姿を消していく。
そして1979年11月に
コカインの過剰摂取により死亡した。
享年35歳であった。

皮肉なことに、
時を経て彼女は再び評価され始めた。
もしも存命中に評価されていたとしたら、
もう少し明るい人生になっていたかもしれない。
しかし、ジュディの遺した音楽たちは、
彼女の音楽に出会った人全てに
今でもまばゆい光を与え続けている。
posted by naganopeth at 12:30| Comment(0) | J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

Ride With Death/ Speedwolf

ライド・ウィズ・デスライド・ウィズ・デス
スピードウルフ

曲名リスト
1. スピードウルフ
2. アップ・オール・ナイト
3. アウト・オン・ベイル
4. アイ・アム・ザ・ディーモン
5. タイム・トゥ・アナイアレイト
6. ネヴァー・トゥワイス
7. アイ・キャント・ダイ
8. デス・リッパー
9. ヘル・アンド・バック
10. ザ・リーパー
11. ライド・ウィズ・デス
12. デンヴァー 666
13. アップ・オール・ナイト (ライヴ) (日本盤ボーナス・トラック)
14. デンヴァー 666 (ライヴ) (日本盤ボーナス・トラック)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


デンバー出身、スピードウルフの1stアルバム!
バンド名やジャケ、メンバーの格好からしてかなりアレな感じだが、
当然音楽もイメージ通りの漢漢漢ロックンロール!

パンク・メタルやサタニック・モーター・スラッシャー
とか一部のファンに呼ばれている通り、
モーターヘッドをメインに初期スラッシュやNWOBHM、
ハードコア系の速いのをブチ込んだような感じ。
1曲目のイントロは非常にもったいつけているが、
そこから先は清清しいまでの一本調子、
「俺たちは止まったら死ぬ」と言わんばかりの
ノンストップ爆走ロックンロール!
シンプルかつフックのあるリフがカッコ良すぎる!

アナログ感を意識した音作りのため粗くスッカスカだが
演奏は非常にタイトなのでチープさはあまり感じない。
このバランスはなかなか絶妙だと思う。

何も考えずにヘッドバンキングをしたいときにオススメだ!
スピードウルフ!!
posted by naganopeth at 12:09| Comment(0) | S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする