2013年08月25日

Judee Sill/Judee Sill

ジュディ・シルジュディ・シル
ジュディ・シル

曲名リスト
1. クレヨン・エンジェル
2. ファントム・カウボーイ
3. アーキタイプル・マン
4. ラム・ラン・アウェイ・ウィズ・ザ・クラウン
5. レイディ・オー
6. ジーザス・ワズ・ア・クロス・メイカー
7. リッジ・ライダー
8. マイ・マン・オン・ラヴ
9. ローピン・アロング・スルー・ザ・コスモス
10. エンチャンテッド・スカイ・マシーン
11. アブラカダブラ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



アメリカ出身のシンガーソングライター、
ジュディ・シルの1971年発表、デビュー作。

ジュディは幼い頃家庭内暴力を受け、
その反抗の中でドラッグにはまり込む。
10代で結婚するも、
同じくドラッグ中毒の夫は事故で他界、
命を繋ぐために強盗や売春などの
犯罪行為に手を染めていく。
深い闇とともに人生を歩んできた。

そんなすさんだ生活の中、
ひとつ光を見つけることができた。
服役中に教会音楽と出会い、
音楽理論を一から学び
音楽の才能を開花させた。

このデビューアルバムには
ジュディの壮絶な人生を
想起させる要素はないが、
彼女の音楽は誰かの癒しであるとともに
自分自身に対する贖罪や救済だったのかもしれない。
どの曲も希望に満ち溢れていて、
闇に侵されることのなかった澄んだ声は
神がかり的な美しさを持って
聴き手のもとへ降り注ぐ。

厳かで気品高い楽曲たちは、
ジュディが愛したバッハの影響が感じられる。
曲を作るときはメロディが自然と
上から降りてくるような感じだったらしい。
讃美歌にも似た神秘的な歌詞は、
音楽こそが自分の希望そのものであるという
メッセージであると感じる。

アルバムは高い評価を受けたが
商業的には失敗だった。
続くセカンドアルバムも
大衆的な評価を得られず、
自費で作成したサードアルバムは
お蔵入りになってしまう。
不幸が重なるように交通事故にあい脊椎を損傷、
後遺症から再びドラッグに手を出すようになり
ジュディはやがて表舞台から完全に姿を消していく。
そして1979年11月に
コカインの過剰摂取により死亡した。
享年35歳であった。

皮肉なことに、
時を経て彼女は再び評価され始めた。
もしも存命中に評価されていたとしたら、
もう少し明るい人生になっていたかもしれない。
しかし、ジュディの遺した音楽たちは、
彼女の音楽に出会った人全てに
今でもまばゆい光を与え続けている。
posted by naganopeth at 12:30| Comment(0) | J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

Ride With Death/ Speedwolf

ライド・ウィズ・デスライド・ウィズ・デス
スピードウルフ

曲名リスト
1. スピードウルフ
2. アップ・オール・ナイト
3. アウト・オン・ベイル
4. アイ・アム・ザ・ディーモン
5. タイム・トゥ・アナイアレイト
6. ネヴァー・トゥワイス
7. アイ・キャント・ダイ
8. デス・リッパー
9. ヘル・アンド・バック
10. ザ・リーパー
11. ライド・ウィズ・デス
12. デンヴァー 666
13. アップ・オール・ナイト (ライヴ) (日本盤ボーナス・トラック)
14. デンヴァー 666 (ライヴ) (日本盤ボーナス・トラック)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


デンバー出身、スピードウルフの1stアルバム!
バンド名やジャケ、メンバーの格好からしてかなりアレな感じだが、
当然音楽もイメージ通りの漢漢漢ロックンロール!

パンク・メタルやサタニック・モーター・スラッシャー
とか一部のファンに呼ばれている通り、
モーターヘッドをメインに初期スラッシュやNWOBHM、
ハードコア系の速いのをブチ込んだような感じ。
1曲目のイントロは非常にもったいつけているが、
そこから先は清清しいまでの一本調子、
「俺たちは止まったら死ぬ」と言わんばかりの
ノンストップ爆走ロックンロール!
シンプルかつフックのあるリフがカッコ良すぎる!

アナログ感を意識した音作りのため粗くスッカスカだが
演奏は非常にタイトなのでチープさはあまり感じない。
このバランスはなかなか絶妙だと思う。

何も考えずにヘッドバンキングをしたいときにオススメだ!
スピードウルフ!!
posted by naganopeth at 12:09| Comment(0) | S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

Symphonic Holocaust/Morte Macabre

Symphonic HolocaustSymphonic Holocaust
Morte Macabre

曲名リスト
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


"メロトロン"という単語に
過剰反応を起こす人に強くオススメしたい、
モルト・マカブルの現時点で唯一の作品。

一部のスキャットなどを除き全編インストゥルメンタル、
メンバー4人全員がメロトロン奏者として
クレジットされているという徹底ぶり!

モルト・マカブルは
スウェーデンのアネクドテンとランドベルクの
2名ずつ計4人の混成メンバーで、
ホラー映画のサントラのカバー曲を演奏するために結成された、
いわゆるプロジェクトといやつです。
北欧プログレファンにはお馴染みの2つのバンドですが、
なかなか濃いメンツが集まっていますね。

アルバム収録曲と原作映画は以下の通り。

@ "Apoteosi del Mistero"(Fabio Frizzi)
  地獄の門/CITY OF THE LIVING DEAD
A "Threats of Stark Reality"
  次曲へのインストゥルメンタル
B "Sequenza Ritmica E Tema"(Fabio Frizzi)
  ビヨンド/THE BEYOND
C "Lullaby"(Christopher Komeda)
  ローズマリーの赤ちゃん/ROSEMARY'S BABY
D "Quiet Drops"(GOBLIN)
  嗜肉の愛/BEYOND THE DARKNESS
E "Opening Theme"(Riz Ortolani)
  食人族/CANNIBAL HOLOCAUST
F "Photosession"(Glascow)
  GOLDEN GIRLS
G "Symphonic Holocaust"(Morte Macabre)
  オリジナル曲

のっけからメロトロンを4台重ねた、
メロトロンの大洪水と轟音ヘヴィネスで
その筋の人は絶頂間違いなし!!

元の2つのバンドの音楽性を
掛け合わせたような音楽性ではあるものの、
その濃度は数倍増しになっている気が。
ホラー映画のカバーだけあって重厚で陰鬱、
メロトロン特有の不安定で幽玄な響きが闇をさらに深めていく。
聴いているうちにどす黒い闇に侵食されていくかのような、
もう救いようのない暗さ。
過去のどんなプログレの名盤でも、
ここまでメロトロンの表現力を
引き出した作品はないのでは、と
思うほどの絶品の音色です。

カバーしている曲は別々の映画のサントラだけど、
確かな実力とクセのある人達が
再構築しているだけあって散漫さは感じられず、
むしろ一貫性があってよくまとまってると思う。
また、女性のスキャットやテルミンなど、
地味に恐怖を増幅させられる小技は流石!
主役であるメロトロンをしっかり引き立ててるかと。

唯一のオリジナル曲である、
ラストのGは18分近い大曲。
ゆっくりと不穏な感じで始まり
終盤につれ次第に演奏がヒートアップ、
メロトロンを敷き詰め轟音鳴り響くラストを迎えた後は
圧倒されっぱなしでもう放心状態に。

そんな感じで"魔器"メロトロンの
魔力と妖気を骨の髄まで堪能できる作品。
全くといっていいほど大衆性はなく、
好き嫌いはっきりと別れると思いますが
その分とてつもない中毒性があります。

ホラー映画らしい退廃的な美しさもあるので、
ゴシック系が好きな人もハマるかも。

少し入手し辛くなってますが、是非ご一聴を!
http://www.youtube.com/watch?v=VVN961z32tw
posted by naganopeth at 15:30| Comment(0) | M | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。